総合受付電話窓口全国対応

0120-569-030

平日/土日祝 6:30 - 22:00

お問い合わせフォーム全国対応

WEBでご相談の申し込み
不倫・浮気の慰謝料問題の解決事例
イメージ イメージ

不貞相手の配偶者から慰謝料200万円を請求されたが、100万円に減額

2024.07.09
担当者:弁護士 日野 卓郎

ご依頼者

50代男性
性別
男性
年齢
30代
請求額
200万
合意額
100万

ご依頼内容

ご相談者様は、職場の元同僚である既婚女性とダブル不倫の関係にありました。
不倫関係がお互いの配偶者に発覚し、ご相談者様夫婦は話し合いの末、別居しながら婚姻関係を続けることになるも、相手夫婦は離婚に向けて協議を進めることになりました。
ご相談者様は相手女性の夫から弁護士を通じて200万円の請求を受け、当事務所へご相談に来られました。

解決ポイント

ご面談後、減額の可能性が高いと判断しその旨をお伝えしたところ、ご依頼をいただくことになりました。
交渉の中で、ご相談者様は相手夫婦が離婚予定だと聞かされていましたが、実際は未だ離婚に至っていないことが分かりました。
その他、不倫関係が始まる以前から夫婦関係は破綻しており、相手女性は離婚を望んでいるが、夫が拒否していることなどが減額の理由となり、慰謝料は200万円から100万円の減額となり、100万円の支払いを約束する内容で合意書を作成しました。
約1ヶ月間のスピード解決に成功しました。

画像準備中
執筆者 弁護士日野 卓郎 静岡弁護士会 登録番号61873
相手の話をよく聞き何を求められているのか正確に理解すること、迅速に対応すること、平易な言葉で分かりやすい説明を心掛けることを大切にしています。 「日野に相談してよかった」と思って頂けるよう、全力で取り組ませて頂きます。
得意分野
一般民事(特に慰謝料請求・被請求)、刑事事件、企業法務 等
プロフィール
神奈川県出身
慶應義塾大学法学部 卒業
大手自動車部品メーカー勤務
弁護士登録
東京スタートアップ法律事務所 入所
安心の返金保証制度 不倫慰謝料の相談は毎月200件以上の実績あり!安心の返金保証制度 不倫慰謝料の相談は毎月200件以上の実績あり!