総合受付電話窓口全国対応

0120-569-030

平日/土日祝 6:30 - 22:00

お問い合わせフォーム全国対応

WEBでご相談の申し込み
不倫・浮気の慰謝料問題の解決事例
イメージ イメージ

既婚者であることを隠していた元交際相手に対し、貞操権侵害を理由として300万円の慰謝料を獲得

2024.06.18
担当者:弁護士 瀧澤 花梨

ご依頼者

NO IMAGE
性別
女性
年齢
-
合意額
300万

ご依頼内容

ご相談者様は、ご相談者様が以前働いていたお店の客であった相手方と、1年7か月間交際していました。
相手方とペアリングを購入し、半同棲状態であり、相手方はご相談者様のご両親にも挨拶済みという状態であったところ、相手方の配偶者から連絡が来たことで、相談者様は初めて相手方が既婚者であることを知りました。
そこで、相手方に対し貞操権侵害で慰謝料請求を希望し、当事務所にご相談いただきました。

解決ポイント

相手方が高収入であること、ご相談者様が相手方が既婚者である事実を知らなかったこと、半同棲をしていた中で相手方から「結婚したい」、「子どもが欲しい」と言われていた事情を考慮して、約3週間の交渉の結果、300万円の慰謝料を獲得することに成功しました。

画像準備中
執筆者 弁護士瀧澤 花梨 東京弁護士会 登録番号53660
約5年の間、一般民事を担当。その経験の中で、弁護士に対する敷居の高さを感じ、抱えているトラブル以前に、弁護士に相談することに大きな緊張や不安を抱えている人が少なくないということを学ぶ。この経験から、相談者にとって親しみやすく、どんなことでも安心して話しせる弁護士を目指す。
得意分野
一般民事
プロフィール
名古屋大学法学部法律政治学科 卒業
名古屋大学法科大学院 修了
弁護士登録
都内法律事務所 勤務
東京スタートアップ法律事務所 入所
安心の返金保証制度 不倫慰謝料の相談は毎月200件以上の実績あり!安心の返金保証制度 不倫慰謝料の相談は毎月200件以上の実績あり!