総合受付電話窓口全国対応

0120-569-030

平日/土日祝 6:30 - 22:00

お問い合わせフォーム全国対応

WEBでご相談の申し込み
不倫・浮気の慰謝料問題の解決事例
イメージ イメージ

妻の不貞相手と当人間で合意書を締結した後、妻の不貞相手が弁護士に依頼し、合意書の内容を無効にしようとしたため、改めて妻の不貞相手に対し慰謝料を請求し、200万円の慰謝料を獲得

2024.06.11
担当者:弁護士 日野 卓郎

ご依頼者

20代男性
性別
男性
年齢
20代
合意額
200万

ご依頼内容

ご相談者様は、妻が高校時代の同級生である不貞相手と肉体関係を持っていたことを知りました。
このことを妻に問い詰めると、妻が肉体関係を持っていたことを認めました。
その後、妻の不貞相手と当人間で合意書を締結しましたが、妻の不貞相手が合意書締結後に弁護士に依頼し、弁護士を通じて合意書の内容を無効にしたいと伝えてきたため、ご相談者様は改めて妻の不貞相手に対し、精神的苦痛を理由とする慰謝料請求を希望し、当事務所にご相談いただきました。

解決ポイント

ご相談者様には扶養すべき子どもがいること、妻と離婚する予定であること、妻の不貞相手が高収入であることを考慮し、約2か月間の交渉の結果、200万円の慰謝料を獲得することに成功しました。

画像準備中
執筆者 弁護士日野 卓郎 静岡弁護士会 登録番号61873
相手の話をよく聞き何を求められているのか正確に理解すること、迅速に対応すること、平易な言葉で分かりやすい説明を心掛けることを大切にしています。 「日野に相談してよかった」と思って頂けるよう、全力で取り組ませて頂きます。
得意分野
一般民事(特に慰謝料請求・被請求)、刑事事件、企業法務 等
プロフィール
神奈川県出身
慶應義塾大学法学部 卒業
大手自動車部品メーカー勤務
弁護士登録
東京スタートアップ法律事務所 入所
安心の返金保証制度 不倫慰謝料の相談は毎月200件以上の実績あり!安心の返金保証制度 不倫慰謝料の相談は毎月200件以上の実績あり!