総合受付電話窓口全国対応

0120-569-030

平日/土日祝 6:30 - 22:00

お問い合わせフォーム全国対応

WEBでご相談の申し込み
不倫・浮気の慰謝料問題の解決事例
イメージ イメージ

不貞相手の配偶者から慰謝料500万円を請求されたが、120万円に減額

2024.06.25
担当者:弁護士 古俣 進也

ご依頼者

50代男性
性別
男性
年齢
40代
請求額
500万
合意額
120万

ご依頼内容

ご相談者様は、出会い系アプリで既婚女性と知り合い、複数回肉体関係を持ちました。既婚女性が最近は配偶者との肉体関係を持っていないことをご相談者様はご存知でした。
このことが既婚女性の配偶者に発覚し、弁護士を通じて慰謝料として500万円の請求を受けました。ご相談者様は、本件の対応に悩んで当事務所にお問合せをいただき、当事務所の弁護士とのご面談を行いました。

解決ポイント

ご面談後、減額の可能性が高いと判断しその旨をお伝えしたところ、ご依頼をいただくことになりました。
ご相談者様は既婚女性と知り合った後、ご相談者様が務めている語学教室に既婚女性を入塾させていること、本件により既婚女性と既婚女性の配偶者の関係性が破綻したことを考慮して、約2か月間の交渉の結果、慰謝料は500万円から120万円の減額となり、120万円の支払いを約束する内容で合意書を作成し、解決することができました。

画像準備中
執筆者 弁護士古俣 進也 神奈川県弁護士会所属 登録番号61276
私が心掛けていることは、どれだけ相談に来られた方のお話を聞けるのか、ということに尽きると思っております。 皆さまの想い、気持ちを自分の言葉でいいので、私にぶつけて下さい。 私がひとまず全部受け止め、その上で法律的解決へ一緒に目指していきましょう。
得意分野
交通事故、刑事事件、企業法務 等
プロフィール
北海道出身
北海道大学法学部 卒業
北海道大学法科大学院 修了
弁護士登録
札幌市内の法律事務所にて勤務
東京スタートアップ法律事務所 入所
安心の返金保証制度 不倫慰謝料の相談は毎月200件以上の実績あり!安心の返金保証制度 不倫慰謝料の相談は毎月200件以上の実績あり!