総合受付電話窓口全国対応

0120-569-030

平日/土日祝 6:30 - 22:00

お問い合わせフォーム全国対応

WEBでご相談の申し込み
不倫・浮気の慰謝料問題の解決事例
イメージ イメージ

現在も不貞関係にある既婚男性の配偶者から慰謝料300万円を請求されたが、100万円に減額

2024.06.11
担当者:弁護士 工藤 慎一郎

ご依頼者

40代女性
性別
女性
年齢
40代
請求額
300万
合意額
100万

ご依頼内容

ご相談者様は既婚者でありますが、会社の同僚である既婚男性と数回肉体関係を持ち、現在も不貞関係が継続しています。
ご相談者様は、既婚男性には子どもがいること、配偶者との折り合いが悪いことをご存知でした。
このことが既婚男性の配偶者に発覚し、弁護士を通じて慰謝料として300万円の請求を受けました。
ご相談者様は、本件の対応に悩んで当事務所にお問合せをいただき、当事務所の弁護士とのご面談を行いました。

解決ポイント

ご面談後、減額の可能性が高いと判断しその旨をお伝えしたところ、ご依頼をいただくことになりました。
ご相談者様と既婚男性の不貞関係が継続していること、既婚男性と既婚男性の配偶者は離婚予定にあること、既婚男性の配偶者が既婚男性にも慰謝料請求をしていること、ご相談者様が自身の配偶者にこの件が発覚する前に早期解決を希望した事情を考慮し、約2か月間の交渉の結果、慰謝料は300万円から100万円の減額となり、100万円の支払いを約束する内容で合意書を作成し、解決することができました。

画像準備中
執筆者 弁護士工藤 慎一郎 神奈川県弁護士会 登録番号63342
はじめまして。弁護士の工藤慎一郎と申します。 私は、弁護士になる前、約15年間、横浜で行政書士として仕事をしていました。 行政書士の仕事にやりがいを感じていたものの、法律上、行政書士が出来ることの限界も感じて、弁護士になりました。 行政書士の仕事をしていたときから、士業にとってもっとも重要なことは、依頼者が何を希望しているかを汲み取り、その希望を実現するための最善の案を分かりやすく説明できることであると考えておりましたが、それは弁護士になった後も同様であると思っております。 そのような弁護士を目標に日々研鑽していく所存ですので、些細なことでもお気軽にご相談いただければと思います。 どうぞよろしくお願い致します。
得意分野
契約法務、人事・労務問題、紛争解決、債権回収、不貞慰謝料、離婚、その他男女問題、刑事事件、遺産相続、交通事故、債務整理
プロフィール
慶應義塾大学文学部 中退
行政書士事務所経営
弁護士登録
東京スタートアップ法律事務所 入所
安心の返金保証制度 不倫慰謝料の相談は毎月200件以上の実績あり!安心の返金保証制度 不倫慰謝料の相談は毎月200件以上の実績あり!